医院の資金調達

まずは事業計画

まず事業計画を作りましょう! 先生の行いたい医療を実現するため、夢を実現するためにはどんな場所、施設、医療器械、スタッフが必要なのか、それにはいくらのお金が必要なのか、お金はどのタイミングで必要なのか具体的にシミュレーシ […]

続きを読む

資金は余裕をもって

資金調達は多めに、余裕をもって! 医療機関の場合、人件費、家賃、リース料などの固定費が多くかかるので、開業後6ケ月くらいで軌道にのせ、資金繰りが回るように努力することが一番大切です。 開業後6ケ月で軌道に乗らないとストレ […]

続きを読む

自己資金の出所に注意

自己資金の出所に注意する! 開業資金の調達方法については、開業後最初の税務調査で必ずといっていいほど質問されます。 すなわち、先生が開業資金として準備した自己資金について、過去の収入や所得から見て妥当な金額かどうかという […]

続きを読む

制度融資を利用しよう

制度融資を利用しよう! 開業資金の第三者からの調達は、まず制度融資を利用することが大切です。 独立行政法人福祉医療機構はもとより、医師信用組合、国民生活金融公庫、都道府県などの自治体の創業支援融資制度などできる限り調べあ […]

続きを読む

資金不足の時のポイント

融資の面談、融資額が不足する場合のポイント 融資面談のポイント  金融機関は、審査書類を作成するために、必ず先生と直接面談を行います。 審査項目は、開業の動機、勤務実績、セールスポイント(医学的な得意分野)、開業場所の選 […]

続きを読む

リースのメリット・デメリット

リース利用のメリット・デメリット リースのメリット 新規開業の際に医療器械の導入に当たりリースを利用する場合、金融機関からの借り入れによる購入と比較すると次のようなメリットが期待できます。 資金にゆとり 高額な医療器械導 […]

続きを読む

「リース」と「借り入れによる購入」の比較

「リース」と「借り入れによる購入」の比較 リースにはメリット・デメリットがありますが、金融機瀾からの借り入れと比較してどちらが有利かはケース・バイ・ケースといえます。 リースか金融機関からの借り入れによる購入かを選択する […]

続きを読む